指輪

婚約指輪を作る際に役立つ知識を得よう~キラキラ嬉しい贈り物~

妊娠中の結婚式参列

冠婚葬祭

気のはらいどころ

妊娠中に結婚式に招待されたとき、どのような服を着ようか迷うこともあると思います。まず注意すべきなのは、無理に今ある衣装を着ようとしないことです。ゆったりとしたデザインだから大丈夫と思っても、座ったり歩いたりの動きで想像以上にお腹が圧迫されるおそれもありますし、そうでなくても丈が短めになりフォーマルとしてふさわしくない丈になってしまう可能性があります。妊娠中に招待されたときは、マタニティドレスを新たに探しましょう。探すときは、お腹の締め付けがきつくないことを第一に探しましょう。赤ちゃんと母体の安全が第一です。次に、購入するならば授乳もできるデザインにしましょう。妊娠は一年弱ですが、授乳はそれよりも長くなり、お宮参りなどのイベントに着回す可能性もあります。そのため、せっかく購入するならば長く使えるものを選ぶほうがお得です。

これからの取り組み

マタニティドレスはあまり着る機会は多くありません。そのため、今後はレンタルの利用が増えると考えられます。現在は結婚式自体も減少傾向です。節約志向のカップルが増えているため、写真だけの結婚式にしたり、式をしても親族だけにしたりとどんどん縮小化していく傾向にあります。そのため、今後どう使うか予測のつかないマタニティドレスをわざわざ購入するよりも、レンタルで自由なデザインを選ぶほうが経済的であると判断する人が増えていくでしょう。そういったニーズに応えて、通販サイトなどでも、マタニティドレスのレンタルの取り扱いが増加しつつあります。万人にむけた商品ではないため、今後取り扱いが増えていくのもネット通販などのショップが中心となるでしょう。